貸し出し計測器

ヘッダリンク4.jpgヘッダリンク23.jpgヘッダリンク22.jpgヘッダリンク2.jpgヘッダリンク18.jpg2ヘッダリンク.png
1ヘッダリンク.pngヘッダリンク11.jpgヘッダリンク20.jpgヘッダリンク21.jpgヘッダリンク3.jpgヘッダリンク10.jpg


Miyagi Sendai / Fukushima Iwaki Plant food radioactivity measurement

募金のお願い横長.png募金のお願い横長.png




ヘッダリンク58.jpg


 空間線量計の無料貸出

Inspectar+
DSC_3516.jpg
A

物の表面にある放射線量を計ることに適しています。
 物質の表面にある放射線量を計るなど高機能なのですが、使用方法、数値の処理が難しいものです。 α線、β線も計測できるのですが、遮蔽計測をして差分を取る必要があります。

プレマ基金さまから寄贈されました。

TERRA-P
DSC_3502.jpg
B

家屋の内部、外、庭にある放射線量を計ることに適しています。
 感応時間が比較的短いので、家屋の内部、外、庭にある放射線量を手軽に計ることに適しています。
日本国際飢餓対策機構さま
         から寄贈されました。
B機器使用例

MYDOSE
032.jpg
C

ご利用者様(特にお子様)が携帯し、1日の被曝量を計ることに適しています。
 ご利用者様(特にお子様)が携帯し、1日の被曝量を計ることに適しています。 感応時間が長いので、家の周りを計測するためには時間を要しますが、日本製で精度の高いものです。
西那須野ロータリークラブ様からと、日本基督教団荘内教会様から寄贈されました。

空間線量計の貸し出しについて ※1

 放射能に起因する不安は、それが目に見えないことと深く関係していると思われます。その不安に向き合 うためには、自分の生活空間における放射能を数値化し、可視化することが必要と思われる方もあるでしょ う。しかし、そのためだけに高価な空間線量計を買い求めることをためらう方も多いと思われます。そこで、 仙台キリスト教連合被災支援ネットワークが運営に関わっている仙台食品放射能計測所では、日本国際飢餓対策機構様、(株)プレマ様、西那須野ロータリークラブ様をはじめとする支援者様のご協力により、下記のように空間線量計の無料貸出をいたします。どうか、放射能被災の地にあってなお、皆様が魂の平安を得られますよう願っております。

仙台食品放射能計測所 所長 保科隆

※1:いわゆる、ガイガーカウンターですが、ガイガーミューラー管を使用していないものもあるので、 空間線量計という呼称を用いています。



貸し出し方法

・空間線量計を1回につき1台を無料にて貸し出しいたします。 これは、主にγ線の空間線量率(μSv/h)を計測するものです。

・ご利用期間は4泊5日です。 ただし早期に返却していただく分にはその限りではありません。

・貸し出しの際、身分証明書の提示をお願い致します。(免許証・保険証などをコピーをさせていただきます)なお、個人情報につきましては、計測機貸出業務以外の利用をいたしません。

・この際、正常動作を確認していただきます

 機器の貸し出しについて予約は受け付けておりませんので、ご来所の際お申し出ください。
 在庫状況によりご希望の機種がない場合はご了承ください。


ご返却について
・返却は、持ち込み・宅配便の二方法でお願いします。送料はご利用者様のご負担でお願いします。貸し出し開始日より一週間を過ぎてもご返却の確認が出来ない場合はこちらからご連絡させていただきます。
・ご返却確認後、ご利用者様個人情報は抹消いたします。

紛失・故障について
・紛失・故意による故障等が発生した場合には代金相当分を請求させていただくことがございます。

機種 A は17万円  機種 B は36,000円  機種 C は27,000円

・国内外のご支援により始まりました事業です。測定器の取り扱いには十分ご注意ください。皆様のご理解・ご協力をどうぞお願いいたします。


ご協力下さい空間線量計無料貸出計測票.pdf
ご返却の際、下記「計測データ集計表」にて測定値・測定場所データを教えていただければ幸いです。 国の基準 は公立学校・幼稚園での計測値なのですが、そこは除染が進み、地域の放射能の実態を反映していない現状があります。
そこで、実態に即したデータを得たいと思っているのです。

空間線量率 計測データ集計表 ダウンロード
B機器使用例